楽にモテたいなら女性の話を聞け!口下手の男性が女性の心を掴む会話術を解説

[showwhatsnew]

恋愛

自分は人と話す時、緊張しやすいぐらい口下手で内気な性格です。

それが災いして、女性とうまく喋ることができないので、会話が弾まず、いつも気まずい空気になります。

そのせいで、彼女いない歴=年齢。

そんな自分でも彼女が欲しい!女性にモテるには、どう会話をしたら良いのでしょうか?

こんな悩みを持っていませんか?

  • 自己開示&質問
  • リアクション
  • 感情のオウム返し

以上の3つのポイントをおさえるだけで、あなたの悩みは解決できます。

女性にモテるためのキーポイントは、聞き上手の男になることです。

皆さんの周りには、特にイケメンではないのに、なぜか女性からモテてる男性はいませんか?

それはズバリ、コミュニケーション能力、特に女性の話を聞く能力が長けているからです。

女性は恋愛や結婚を考える時、男性に対して信頼・安心・安定を求める人が多く、この3つを女性に印象付けるためにはコミュニケーションが大事です。

しかし、コミュニケーションが大事とは言え、具体的に何をしたらいいのか分からず、恋愛から遠ざかってしまう男性が増えているのが現状です。

ここでは女性の本音と3つのポイントを知って、あなたの悩みを解決していきましょう。

女性の本音を知る

女性の本音を知る

女性とのコミュニケーションの中で、会話が一番大事と言えます。

会話は、口調・表情・話題・態度と言った男性の印象を女性に大きく与えるからです。

会社の同僚や同性の友人と話す時は、自然と会話ができるのに、女性との会話になると途端に緊張・苦手意識が出てきてしまい、会話がうまく行かない経験はありませんか?

女性と会話をする時に緊張したり、苦手意識を持つ原因は、女性との会話の経験が少ない、過去のトラウマ、女性から嫌われたくない心理からきています。

これらを克服するには、女性の本音を知って、女性と自然と接するところから始めましょう。

合わせてチェックしたい記事

女性と接するのがなぜ怖い?恋愛に不安や恐怖を感じる男性心理を解説!

女性の本音①:喋るのが好き

女性は、基本的にお喋り好きな方が多いのですが、心を開いた相手にのみと言う特徴があります。

女性は男性への警戒心が強いため、初対面の男性に対して、心を開くまでに時間はかかりますが、一度心を開くと「もっと私のことを知って欲しい」と喋りたいのが、女性の本音です。

男性とのお喋りの時間が多くなると、女性も相手に対して居心地の良さや好意を持ち始め、もっと喋りたくなります。

女性の本音②:聞き上手になって欲しい

「わたしの話を聞いて欲しい‼」

「どんな話でも、わたしの話を聞いてくれるだけで満足なの‼」

これが女性の本音です。

『女性=聞き上手』と言うイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かに、男性よりも柔らかい反応ができることもあり、男性より聞き上手ではあります。

しかし、男性には聞き上手になって欲しいのが、女性の本音です。

女性は、起きた出来事や自分が思ったことや感じたことを素直に話すので、話の構成に厳しい男性からすると女性の話は、つまらないと感じると思います。

話にオチがなく、つまらないと男性は感じるために、女性が話している途中で相づちを打つことをやめたり、話題を変えてしまうのです。

これが繰り返されると、女性は気分を損ね、あなたに対する印象が悪くなるので要注意。

女性にとって、自分の話を聞いていてくれれば、それで満足なのです。

以上のことから、女性に気持ち良く喋ってもらい、聞き上手になることが大切だと言うことが分かりました。

女性にモテたいなら聞き上手になって、女性に気持ちよく喋ってもらおう

女性の本音を知ってもらったところで、気持ちよく喋ってもらうには具体的に何をすれば良いのでしょうか?

これから、3つのポイントを解説していきます。

ポイント①:自己開示と質問力

女性に気持ち良く喋ってもらうには、自己開示と質問力が大切です。
男性への警戒心を無くし、女性から喋ってもらうチャンスを作るためです。

まずは自己開示です。なお、自己開示=自分のことをオープンに伝えることと思って下さい。

女性に喋ってもらうには、警戒心をとって信頼をしてもらうことが大切です。

そのためには、自分のことをオープンに話して、何者なのかを女性に伝えましょう。

ビジネスと一緒で名前・年齢はもちろん、経歴などが一切見えない人と仕事はしないですよね?

女性も男性のことをある程度知らないと、なかなか自分から喋りづらかったりと心を閉ざしがちです。

信頼を得るために自己開示を上手にしていきたいのですが、ここにもポイントがありますので説明します。

・質問と交互にする

自分のことをオープンに伝えるとは言っても、自分ばかり話す男性にいい印象は残りません。

ナルシスト、自己中と思われてしまうこともあるので、自分の話をしたら女性にも話を振って、同じ内容に答えてもらうことが大切です。

・一気に話さない

自分のことをオープンする際には、一気に話をするのではなく、一つ一つゆっくりオープンにしていくことが大切です。

いきなり最初に一気に自分のことを話してしまうと、女性もあなたの話を覚えられないし、あなたの話に圧倒されて困ります。

更に話題に困る人にとっては、そのあとの会話が続きづらくなります。

名前・年齢・仕事・出身の他に、いくつか自己紹介の内容を用意しておくのがベストです!

次は、質問力です。

自己開示をして、少し信頼が得られたところで質問をしていくのですが、ここで大事なのは会話の流れで派生させて質問をしていくことです。

例えば、仕事の話をしている時に、突然趣味の質問したら、会話の流れが変ですよね?

仕事から連想されるものを考えて、そこに関連する質問をしていくことが大切です。

仕事→出勤日→休み→休日の過ごし方→趣味

という流れで質問をしていくと会話がスムーズで女性も違和感を感じずに対応してくれて、喋りやすくなります。

質問をする=女性への好意のイメージがあるので、女性は興味があるのかな?と嬉しく感じ、喋る機会が増えていくので、たくさん質問ができるよう会話の流れをしっかりつかみましょう。

ポイント②:リアクション

女性に気持ち良く喋ってもらうには、リアクションを大事にすることも大切です。

女性が喋ってくれるようになった後、もっと気持ち良く喋ってもらうためです。

聞き上手と言っても、ただひたすら聞いていれば良い訳ではありません。

一生懸命喋っている女性からすると「本当に聞いている?」と疑問が生まれては、かえって悪印象を与えます。

素直にその時感じたこと、思ったことを態度に出していくリアクションを取ることで、女性も喋っていて気持ちが良く、気分が上がります。

リアクションにも種類があるので、自分のやりやすい方法を試してみましょう。

  • 声・言葉

  • 動作

  • 表情

それぞれ解説をしていきます。


声・言葉

「へー!」「そうなんだ!」「すごいね!」と肯定的な言葉を会話の合間に使い、声のトーンは少し高めで、テンションが高くみられるようにしましょう。


動作

話すのが苦手な人は、前のめりな姿勢・手をテーブルの上に置く・うなずく・目を見ることを徹底するだけでも、女性は聞いてくれていると安心感を覚えます。


表情

特に女性が喋っている時は少しほほ笑み、恐怖心や疑心を取り除き、更に会話に合わせて驚いた顔・笑顔・困った顔をすると、女性も気持ちよく喋り続けることができるので、意識してやってみて下さい。

ただし、あまりにもリアクションが大げさすぎてしまうと、話が遮られ中断してしまう恐れがあるので注意が必要です。

邪魔にならない程度にリアクションを心掛けて下さい。

女性は空気を読む力が強く、男性の表情や口調から心情を読み取れる能力に長けていて、変化に敏感なので、つまらない表情・適当な相づちはしないで、気持ち良く喋ってもらいましょう。

ポイント③:感情のオウム返し

女性に気持ち良く喋ってもらうには、しゃべっている時の女性の感情を理解することも大切です。

女性が気持ち良く喋り出した後の返答によっては、女性がまた黙り込んでしまうケースもあるので、感情のオウム返しを使って返答上手になりましょう。

ちなみに、感情のオウム返し=その時の感情を理解することです。

女性が喋るときに一番して欲しいことは共感です。

アドバイスがほしい・意見が欲しいというわけではなく、わたしに共感と承認をして欲しいのが本音です。

人は喋るときに、その時の感情や思いを思い出しながら喋っており、特に女性は感受性が豊かなので、当時の気持ちを大事にしていると言えるでしょう。

この当時の感情や思いを、男性にもわかって欲しい、すなわち共感してほしい、その時の私を認めて欲しい!と思っているので、ここを満たすことができると女性から好印象になります。

では感情のオウム返しのやり方を、例を使って説明します。

モテない男性は返答が「そうなんだ!」で終わってしまうことが多く、女性からすると「なに?そのリアクション‼」と感じてしまうので、女性の感情を言葉にしてあげて、相手の女性に共感している点をアピールしていきます。

例:

女性「今日、すごく安くお洋服買えたんだ〜!」

男性「それは嬉しかったでしょ!よかったね!」

例えば、安くお洋服を買えて、悲しむ人はいないですよね?

女性の話すトーンも感じとると、どうやら喜びの感情が大きくみられます。
ここはプラスワードの「嬉しい」「テンション上がる」「よかった」といった言葉を使うと良いでしょう。

もう1つ別の感情のパターンをみていきます。

例:

女性「今日、電車がすごく混んでたんだ・・。」

男性「えー大変だったね!疲れたでしょう?」

電車が混んでいる=苦労・悲しい・辛いと想像ができるので、ここは「大変」「辛かった」「頑張った」「疲れる」というワードを使っていきましょう。

上記の例のように、まずはその当時の感情を考えて、女性より先に察して言葉で返します。

感情のオウム返しをする時の注意点として、マイナスな感情の時はマイナスな言葉でオウム返しになりがちなので、最後には励ましの言葉・労いの言葉をかけてあげて、プラスに持っていくと雰囲気も良くなり、自分も楽になりますよ。

返答が上手にできた後は、また質問をして、リアクションをとってを繰り返してみて下さい。

まとめ

女性にモテる会話のポイントは、聞き上手であるところです。

そのためには女性に気持ち良く喋ってもらうことが大切です。

今回の記事では、女性に気持ち良く喋ってもらい、好印象を持ってもらう3つの方法を解説してきました。

なかなか自分から盛り上げて、面白い話をするというのも芸人ではあるまいし、難しいです。

そんな時は聞き上手に徹して、女性に気持ち良く喋ってもらうことで好印象をゲットして、モテていきましょう。

たとえ、顔やスタイルに自信がなくても大丈夫です。

  • 相手の女性の話をリアクションを取りつつ、最後まで聞く
  • 話が終わったタイミングで相手の女性に質問をして、相手が伝えたいことを理解する
  • 女性が心地良いと感じる思ってもらうよう、会話・リアクションを取ってコミュニケーションラリーを続ける。

以上の3点が大切です。

あとは、実践あるのみです。女性に気持ち良く喋ってもらうべく、コミュニケーション能力を高めて女性にモテましょう‼


この記事を読んで、あなたの悩みが解決できるきっかけになることを願っています。
ここまで読んで頂き、ありうございました。


真剣に女性との出会いを求めている方は、こちらの記事もチェックして下さい

本気で彼女が欲しい独身男性必読!おすすめの出会い系アプリを紹介します

この記事を書いたおーちゃんの自己紹介
toshi

大阪在住の会社員です!

社会人になって、出会いが無さ過ぎたことをキッカケに出会い系サイトを利用してみる。
当時は、サクラ満開のぼったくり悪質出会い系サイトの最盛期で高額の利用料金を請求されたり、ぼったくりバーに連れて行かれたりと危険な目にあったことも多々あり!!

一方、マッチングアプリを駆使して、半年間で女性と20人近く出会い、2人と付き合うことに成功した経験もあり!!

そんな出会い系サイトやマッチングアプリ、婚活などで経験してきたことを中心にブログ発信しています。

toshiをフォローする
恋愛
toshiをフォローする
toshiの出会いブログ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました